ドルーリー朱瑛里

ドルーリー朱瑛里の国籍は「3つの理由」で日本?カナダハーフとの噂も!

2021年に開催された皇后杯第41回全国都道府県対抗女子駅伝で素晴らしい走りを見せたことで話題となったドルーリー朱瑛里さん。

本当に中学生と疑いたくなるような驚異的な走りでしたよね〜。

そんな中、ネット上ではドルーリー朱瑛里さんの国籍について話題になっているようです。

早速調査してみました。

ドルーリー朱瑛里はカナダハーフ?

皇后杯第41回全国都道府県対抗女子駅伝において中学生区間3区を走ったドルーリー朱瑛里さん。

なんと17人抜き!

大袈裟ではなく、これは異次元の素晴らしい走り。

これにはネット上だけではなく、世間も大騒ぎ。

まさに新たな日本のスター誕生か!?と一時騒然となりました。

ただ、名前から分かるようにドルーリー朱瑛里さん間違いなくハーフですよね。

父親はカナダ人

調べたところ、ドルーリー朱瑛里さんの父親はカナダ人であることが判明しました。

カナダ人の父と、日本人の母を持つ。

日刊スポーツ記事より引用

また、お母さんは日本人です。

ということで、ドルーリー朱瑛里さんはカナダ人と日本人のハーフでした!

走りもさながら、モデルのようなルックス。これは将来が期待できますね〜。

ただ正直、皆さんが気になるのはカナダ・日本どちらの国籍なのか!?ってところではないでしょうか。

次の章に続きます。

ドルーリー朱瑛里の国籍は「3つの理由」で日本?

先ほども申し上げましたが、ドルーリー朱瑛里さんはカナダ人と日本人のハーフです。

将来は「日本」「カナダ」どちらで活躍してくれる?

オリンピックは?なんてめちゃくちゃ気が早いですが、気になっちゃいますよね。

当サイトが独自に調査したところ、ドルーリー朱瑛里さんの国籍は日本の可能性が高いことが分かりました。

理由その① 生まれが日本

ドルーリー朱瑛里さんの出生地は岡山県です。

◆生まれ 2007年(平19)11月16日、岡山・津山市。カナダ人の父と、日本人の母を持つ。

日刊スポーツ記事より引用

原則、日本で生まれた場合は出生地で出生届を提出しなければいけません。(例外あり)

ドルーリー朱瑛里さんの場合、母親が日本人と報道されているのでその時点で日本国籍を取得したのではないでしょうか。

出生の時に父又は母が日本国民であるとき

法務省HPより引用

理由その② 母親が日本人

こちらも理由その①とほぼ同じにはなってしまいますが、母親が日本人のため日本国籍を有している可能性が高いと思われます。

理由その③大会出場条件は「日本国籍」が必要

ドルーリー朱瑛里さんが出場した全国都道府県対抗女子駅伝出場条件の中には「日本国籍を有すること」と規定があります。(例外あり)

出場資格 原則として、選手は「日本陸上競技連盟の登記登録者」かつ「日本国籍を有する女子競技者であること」となっている。

Wikipediaより引用

ドルーリー朱瑛里さんは出場者ですので、規定をクリアしているということになります。

以上の理由からドルーリー朱瑛里さんの国籍「日本」である可能性が高いと思われます。

まとめ

今回はドルーリー朱瑛里さんの国籍、そしてカナダ人のハーフ?という噂について徹底調査させていただきました。

未来のオリンピック選手候補誕生か!?と彼女の国籍が気になってしまうところではありますが、どちらだとしても、素晴らしい選手ですので応援しましょう!

当サイトはこれからもドルーリー朱瑛里さんを応援し続けていきます。

今回も最後までお読みいただきましてありがとうございました!