河野太郎

河野太郎に慶応大学退学の噂?理由は?中学・高校も偏差値70超の慶応義塾!学歴まとめ

自民党の総裁選に出馬を表明した河野太郎さん。

はっきりと物を言う性格で、政界の異端児とも言われているようです。

しかも、英語もペラペラ。通訳なしで堂々と交渉される姿は同じ日本人として誇らしいです。

やはり学生時代から相当優秀だったのでしょうか?

今回は河野太郎さんの学歴が気になったので徹底調査してみました。

大学中退なんて噂もあるようですが、本当なのでしょうか。

早速調べてみましたよ。

河野太郎の学歴を確認!出身中学・高校はどこ?偏差値70超の慶応との噂も!

河野太郎さんの出身中学・高校は噂どおり、偏差値70超の慶応です。

ご自身の公式ホームページにバッチリと記載されているので間違いありません。

小学校は地元の公立学校出身なので、中学受験を経て慶応義塾中等部に入学されているんですね。

慶応の中学受験といえば、超難関でも有名です。

女優の芦田愛菜さんが合格を発表したときもかなり話題になりましたよね。

しかも、河野太郎さん運動神経も抜群だったようで足がとても速かったそうです。

中学・高校は競走部に所属し大活躍されていました。

歴代最高記録者としていまだに4000m競走の記録は破られていないそうです。

3年生のときは主将に選ばれ、東京都の私学対抗の大会で優勝したりしました。秋の運動会の4000m競走では、長らく破られていなかった3年生の歴代最高記録を大幅に上回る新記録で優勝しました。 慶應義塾中等部の運動会のプログラムには歴代最高記録がすべて掲載されていますが、いまだに4000m競走の記録保持者は「河野太郎」と書いてあります。

Voice記事より引用

しかも、主将を務められていたので当時からリーダーシップも発揮されていたんですね。

ちなみに、こちらは高校時代の河野太郎さんのお写真です。


今と比べると随分優しいお顔です(笑)

当時を知るご友人曰く、いつも寝癖がついていたそうですよ。

今では考えられませんが、河野太郎さんにもそんな時代があったんですね。

河野太郎に慶応大学退学の噂?理由は?

学業だけではなく、スポーツも万能だった河野太郎さん。

大学は、そのまま内部進学で慶應義塾大学に進学します。

しかし、わずか2ヶ月で退学を決意します。

慶応大学退学の噂は本当でしたね。

慶応大学退学の理由は、アメリカの大学に進学するためでした。

ご本人曰く、慶應義塾大学に進学したのは箱根駅伝に出場するためだったんだとか。

しかし、なかなか思ったような成績を残すことができなかったため夢を諦めてアメリカ留学を決意したようです。

應義塾大学の在籍中は、部内で上位10選手中に入れるかな……と思っていましたが、そもそも箱根駅伝に出場できる15校の枠に入れるかどうかわからない。そこで箱根駅伝を断念をして、アメリカに留学することを決めました。

logmi記事より引用

やはり仕事ができる人は、決断力も早いですね。

政治家になった今、アメリカ留学で培った英語を最大限に発揮している時点でこの決断は正解でしたね〜〜。

当サイトには、河野太郎さんの英語力について徹底調査した記事もございます。

ぜひ、あわせてお読みください!

【動画】河野太郎は英語ペラペラなのはなぜ?帰国子女の噂も!英語力や勉強法も確認!9月17日の自民党総裁選に出馬表明した河野太郎さん。 YouTubeやSNSの運用にも力を入れており、政治家では異例の240万超も...

河野太郎の最終学歴を確認!出身大学はアメリカのジョージタウン?噂の真相を徹底調査!

わずか2ヶ月で一流大学中退を決意した河野太郎さん。

調べたところ退学後、アメリカのワシントンDCにあるジョージタウン大学に入学します。

ご本人がTwitterで母校であるとツイートされていますので、間違いありません。

ということで、最終学歴は大学卒になりますね。

大学では、比較政治学を専攻し大学3年生になると交換留学制制度でポーランドに留学も経験されています。

かなり華やかな大学生活を送っていたように思えますが、とても過酷な状況で生活をされていたようです。

一九八四年、当時大学三年生だった私は、ポーランドのワルシャワにある中央計画統計大学に留学していました。

そのころのポーランドは、共産党の独裁政権下で、ひどい状況にありました。肉や砂糖など生活必需品は全て配給制で、配給切符を持って長時間行列しなければ手に入りませんでしたし、凍える寒さの中、シャワーにお湯は出ませんでした。大学の寮の食事は、ほとんど毎食、ジャガイモと酢漬けキャベツだけでした。

河野太郎公式ホームページより引用

しかも、この時に逮捕されてしまったという経験もあるようです。

YouTube動画でこのことについてもお話されていました。

 

他にも、大学時代にはアラン・クランストン上院議員の選対本部の財務部門でボランティアを経験したり、リチャード・シェルビー下院議員の下でインターンを務めたりと異国でも政治経験あります。

1985年にジョージタウン大学を卒業し、帰国後は富士ゼロックスで得意の英語を活かし、日本初の本格的サテライト・オフィスの立ち上げメンバーとして活躍されたそうですよ。

まとめ

今回は河野太郎さんの学歴について詳しくお伝えしてきました。

慶應義塾大学中退や、アメリカでの学生時代に逮捕された経験には驚きました。

しかし、すべてを包み隠さずお話されるところは、河野太郎さんの人柄が現れているようにも思えます。

当サイトはこれからも、河野太郎さんを応援し続けていきます。

今回も最後までお読みいただきましてありがとうございました!