眞栄田郷敦

新田真剣佑と眞栄田郷敦の名字が違うのはなぜ?母親が違うとの噂も!兄弟仲や家族構成も確認

新夏ドラマ「プロミス・シンデレラ」に出演が決定している眞栄田郷敦さん。

父親はハリウッド俳優の千葉真一さん、兄は新田真剣佑さんという芸能一家なんです!

兄弟揃って映画やドラマにひっぱりだこな人気俳優さんですよね。

今回はそんな眞栄田郷敦さんの家族について徹底的に調査していきます。

兄弟のはずなのに名字が違う理由についても詳しくお伝えしていきますよ。

ぜひ、最後までお読みください。

眞栄田郷敦の家族構成を確認!

眞栄田郷敦さんの家族構成は父親、母親、兄の4人家族です。

ご存知かと思いますが、父親は世界規模で活躍しているハリウッドスターの千葉真一さんです。

眞栄田郷敦さんが芸能界デビューすると決まった時は、最強DNAだ!とかなりメディアでも取り上げられましたよね。

ちなみに、眞栄田郷敦さんのお名前、郷敦(ゴードン)は父親の千葉真一さんが名付けたそうです。

2000年にアメリカ・ロサンゼルスで生まれたそうで、下の名前・郷敦(ごうどん)の由来が、千葉が仕事で使うペンネーム「Gordon」が由来であることを告白。

モデルプラス記事より引用

めちゃくちゃインパクトありますし、カッコイイですよね〜〜。

新田真剣佑と眞栄田郷敦の名字が違うのはなぜ?母親が違うとの噂も!画像

冒頭でもお伝えしましたが、眞栄田郷敦さんのお兄さんは新田真剣佑さんです。

お二人とも日本人離れしたお顔とスタイルの持ち主で、英語がペラペラというハイスペック男子ですよね〜〜。

眞栄田郷敦さん曰く、お兄さんの新田真剣佑さんは性格が真逆なんだそうですよ。

「突然ですが占ってもいいですか?2時間SP」に出演したときに暴露していました。

しかし、ネット上では母親が違うのでは?という噂があるようです。

確かに、眞栄田郷敦さんと新田真剣佑さんは兄弟なのに名字が違いますもんね。

結論から申し上げますと、眞栄田郷敦さんと新田真剣佑さんの母親は同じです!

お母さんは一般の方ですが、過去に顔出しでテレビ出演されていました。

子供の頃の眞栄田郷敦さんと新田真剣佑さんもいましたよ〜〜。

めちゃくちゃカワイイですね^^

母親のお名前は玉美さんです。

千葉真一さんとご結婚する前は京都で舞妓さんをしていたそうですよ。

めちゃくちゃお綺麗な方ですね!

それもそのハズ、現役時代はかなり人気があったそうですよ。

ちなみになぜ兄弟で名前が違うかと言うと、お兄さんの新田真剣佑さんが改名されたからです。

新田真剣佑さんは本名でもある真剣佑という名前で活動をされていましたが、映画「ちはやふる」に出演したことをきっかけに芸名を新田真剣佑に変えているんです。

日本に来て最初にオーディションを受けたのが「ちはやふる」だったことを明かし、リポーターから「見事…勝ち取って」と振られると「勝ち取って…、”新”という役をもらって、その”新田”を苗字にしたんですけど」とコメント。「それだけ(新という役に)感銘を受けたってことですか?」という問いに「そうですね」と答え、ちはやふるの撮影後に”真剣佑”から”新田真剣佑”に改名した理由を明かした。

Etalentbank記事より引用

兄弟なのに名字が違うということで、母親が違うという噂が出てしまっただけだでしたね。

次の章では、兄弟仲についても詳しく調べてみましたよ!

眞栄田郷敦と新田真剣佑の兄弟仲を確認!不仲説も?噂の真相を徹底調査!

さらに、眞栄田郷敦さんについて調べてみると兄弟の仲が悪いとの噂もあるようです。

早速調べてみましたよ!

当サイトがリサーチしたところ、眞栄田郷敦さんが兄弟仲について言及しているインタビュー記事を見つけました。

――兄弟は仲良しなのですか?

そうですね。今回、エンタメプレゼンターに決まったときにも、兄が連絡をくれて「マンスリーやるんだって?すげぇじゃん!」みたいな。僕もそうなんですけど、お互いのニュースは気にしています。今日の放送は、朝早いので見てないかもしれないですけど(笑)。兄弟仲はいいですし、月イチくらいでは会います。

兄弟仲はいいと発言されていましたね!

しかも月イチで会うなんて、かなりの仲良しぶりですね。

眞栄田郷敦さんと新田真剣佑さんは俳優デビューされてから兄弟で共演することがないため、不仲説が出てしまったようですね。

この噂が事実ではないと証明するためにも、近いうちに兄弟で共演していたきだいです!

まとめ

今回は眞栄田郷敦さんのご家族について詳しくお伝えしてきました。

兄の新田真剣佑さんと母親が違うという噂はデマでしたね。

母親の玉美さん、むちゃくちゃお綺麗な方でした!

当サイトは引き続き、眞栄田郷敦さんを応援し続けていきます。

今回も最後までお読みいただきましてありがとうございました!