山田邦子

山田邦子の全盛期の月収は1億超え?年収は10億で収入がすごすぎると話題!

「くにちゃん」の愛称で親しまれ、女性お笑いタレントとしてかつて大人気スターだった山田邦子さん。

最近では「M-1グランプリ2022」の審査員に決定したことで話題を集めています。

若い方は山田邦子さんのこれまでの活躍ぶりを知らない方もいると思いますが「唯一天下を取った女性ピン芸人」とまで言われるほどのレジェントですよ〜。

そんな山田邦子さんですが、先日テレビに出演した際に暴露した全盛期の月収がすごすぎると話題を集めているようなんです。

かなり気になる話題でしたので、早速調べてみました!

山田邦子の全盛期の収入がすごい!月収は1億超え?

1980年〜1990年の間、レギュラー番組を14本も持ち「くにちゃん」の愛称で親しまれていた昭和のスターこと山田邦子さん。

最近では漫才日本一を決める『M-1グランプリ2022』の審査員に就任したことで話題を集めています。

そんな山田邦子さんですが、過去にテレビ出演した際に暴露した全盛期の月収の金額があり得ない!と話題を集めているようなんです。

なんでもその額が1億円!

さすがに、話を盛っているのかな?と調べてみたのですが、この話本当でした!

ご自身がテレビ番組で暴露しているので間違いありませんね。

SNS上にも驚きの声が多数書き込まれていました。

いや、月収ですよ!バブル期とはいえ、1億円って驚きの金額ですよね><

スポンサーリンク

ちなみにお給料の渡し方も豪快で、紙袋にドサっと1億円が入った状態で渡されたそうです!

「デパートの大きな袋に入って。1億円でこのくらい、ピン札で」と札束の高さを手振りで表し「月収ね」と説明。

スポニチ記事より引用

続けて「月収1億円ってそんなにすごいことじゃないよ」とボソリ。

今も第一線で活躍されているビートたけしさんレベルであれば、月収1億5000万円くらいあるんじゃないと暴露していました。

「(ビート)たけしさんなんかはもっと稼いでいた。1億5000万とかじゃないの?CMをやったり色々あるから」と続けた。

スポニチ記事より引用

日本が高度経済成長期だったということもありますが、これは全盛期の収入がすごいと話題になるのも納得です!

山田邦子の年収は12億?収入源も確認!

全盛期の月収1億円以上だったことを暴露している山田邦子さん。

ということで、下世話な話ですが勝手に年収を推測。

山田邦子さんの場合、一時的なブレイクではなく1980年〜1996年ごろまでの長期に渡ってテレビを中心に活躍していましたので、単純に月収が1億円として計算しても年収は12億円ということになりますね。

その収入源についても調べていきましょう。

山田邦子の収入源は3つ!

収入源その①レギュラー番組

調べたところ、山田邦子さん1981年から1996年後頃まで多数のレギュラー番組を担当していたことが判明しました。

なんと全盛期のレギュラー番組の数は14本!さらに隔週の番組を含めると17本だったそうです。

しかもレギュラー番組はどれも人気番組。

中でも「オレたちひょうきん族」は平均視聴率17%、最高視聴率は29.1%という大人気番組でした。

収入源その②CM

最高視聴率は29.1%という大人気番組に出演していたこともあって、山田邦子さんを知らない人はいないと言われるほどの人気者。

好きなタレントランキングでは、なんと8年連続No.1でした!

このバツグンな好感度の高さから多数CMにも出演しています。

一般的にCMのギャラはテレビよりも高いと言われていますからね。

バブル期ということもあるので、ギャラは3000万円から5000万円くらいはあったのではないでしょうか。

収入源その③ドラマ

山田邦子さん、元々は女優志望だったようでなんと連続テレビ小説『ノンちゃんの夢』に女優さんとして出演していました。

他にも「野々村病院物語」などをはじめとするドラマにも出演しています。

しかし、やはりバラエティ向きだったんでしょうか。

女優活動はあくまでも副業としてという感じですね。

まとめ

今回は山田邦子さんの全盛期の月収、そして年収や当時の収入源までも徹底調査させていただきました。

相当稼いでいたことは予想できましたが、まさか月収で1億円とは!

一世風靡したレジェントにも関わらず、下世話な質問にもアッサリ回答してしまうあたり、山田邦子さんの人柄の良さが伝わりますね。

当サイトはこれからも山田邦子さんを応援し続けていきます。

今回も最後までお読みいただきましてありがとうございました!